屋根リフォームにはカバー工法がオススメ!その理由とは?

屋根リフォームを行う際に、カバー工法が普及してきました。
どうして屋根リフォームカバー工法がオススメされているのか、
メリットとデメリットを一緒に解説していきます。

 

屋根リフォームで使われるカバー工法とは?


屋根リフォームで普及されつつある、
工法の一つにカバー工法があります。

カバー工法とは、既存のスレート瓦などの薄い屋根材の上に、
軽い金属屋根を重ね張りする屋根リフォームの工法のことです。

屋根の葺き替えを行うよりも費用を抑えることができるので急速に普及され、
スレート系の瓦のリフォームによく使われる工法です。

カバー工法が普及されるのには理由がある!その秘密はこちら!

 

カバー工法で屋根リフォームを行うと下記のようなメリットがあります。

 

メリット①既存の屋根材の処理費用がかからない。
屋根の葺き替えを行う場合は、既存の屋根材を処分する費用がかかります。

しかし、カバー工法で屋根リフォームを行うと、
こ既存の屋根の上から重ねて施工をするので、
この既存の屋根の処分費用がかかりません。
ゴミが少なくて済むので、カバー工法は環境にも優しい屋根リフォーム工法です。

 


メリット②
人件費を抑えることができる

既存の屋根についているスレートなどの瓦を、
1枚1枚外して降ろすのは大変な作業であり、時間もかかります。

ですが、カバー工法なら外して降ろす作業が不要になる為、
既存の屋根材を撤去する人件費を抑えることができます。

 


メリット③
カバー工法なら工期も短くすむ

メリット①とメリット②でご紹介したように、
カバー工法なら撤去する屋根材の処理費用や、
スレートなどの瓦を外して降ろす作業にかかる人件費がかかりません。
この一連の作業の流れが不要になるということは、
工事期間(工期)そのものが短くなることにつながります。

 


メリット④
屋根を二重に重ねることになるので断熱性がアップ。

さらに、アルミ瓦を使用した場合は、アルミ本来がもつ遮熱の力によって、
二階の蒸し暑さが軽減されるなどのメリットがあります。

 

カバー工法ができる瓦は限られている?

屋根リフォームの際に、カバー工法
使用できるのは軽い金属瓦です。

もし、スレート瓦の上にスレート瓦を重ねて施工すると、
屋根が非常に重くなり、お家に負担がかかってしまうからです。

また、耐震面から考えてもオススメはできません。


そこで、カバー工法に自信をもってご紹介できるのが、アルミ瓦です。
アルミ瓦スーパーエコだとカバー工法も可能です!
しかも耐震対策や省エネ住宅へのリノベーションにも使用される優れた素材なんですよ。

 

アルミ瓦スーパーエコについて知りたい!


金属瓦といえば、ガルバニウムの瓦が真っ先に思いつくかもしれません。
しかし、近年アルミ瓦の需要が増え始めています。

 

アルミは、ガルバニウムよりもさらに軽い素材です。
その軽さが注目を集め、耐震対策や省エネ住宅への
リノベーション素材としてアルミ瓦が使用されています。

 

どのくらい軽いかというと、
日本瓦は1坪約260kgもありますが、
アルミ瓦は1坪約6kgと超軽量です!

日本瓦の場合は、カバー工法ができないので葺き替え工事となりますが、
お家への負担が軽減され、大地震が来た際に倒壊の危険性を軽減することができます。

しかも、アルミそのものがもつ、遮熱力によって夏の二階の蒸し暑さが軽減され、
さらにメンテナンスフリーというお得な効果まで。

 

アルミ瓦の耐久性って大丈夫?


アルミは耐久性にも優れているので、
船舶や飛行機、新幹線にも使われている優秀な素材です。

 

あまりにも軽いので耐久性に不安を抱かれるかもしれませんが、
新幹線や飛行機のボディにも使われると聞くと、安心できますね。


アルミ瓦につきましては、アルミ瓦スーパーエコの取扱店の

「なごみのくに株式会社」までお問い合わせください。

 



人気記事

2018/07/10

お見舞い申し上げます

2018/07/06

社内レクレーション!ボーリング大会&ビアガーデンを開催しました♪

2018/06/28

関西エクステリアフェアに行ってきました♪

2018/06/27

久万高原町 M様邸工事レポート

2018/06/25

体がよろこぶ健康のツボpart4🎵

2018/06/21

お客様より嬉しいお言葉をいただきました♪