天然無垢材

山や森で育った原木(丸太)から、使用する大きさに挽き割った木材を「天然無垢材」といいます。
「なごみの家」の構造材は久万高原町の良質な無垢材を使用。無垢の柱、梁、土台でしっかりお家を支えます。
無垢材は、集成材とは違い、化学物質を含まない自然素材。思わず深呼吸したくなる・・・、それが「なごみの家」です。

木の香りでリフレッシュ

森林浴をすると、リラックスして心地よくなる。それは樹木が発する芳香成分(フィットンチッド)の働きによるものです。木の家が安らぐのは単にイメージだけではありません。「木の香りがして気持ちいい」と感じるとき、私たちは香りの効果とともに、香りの源であるフィットンチッドの恩恵を受けているのです。
「なごみの家」で、木の香りに包まれ、毎日の生活の中でリフレッシュしてください。

子どもの創造性を育む

「木」って見ていて楽しいですよね。特にお子様の感性は豊か。「わぁ、クマに見える!」柱の節を見て大人では思いつかない発想がどんどん浮かびます。家族との会話も弾みます。木の香りに包まれ、無垢材の床の上を元気に走り回る子どもたち。「あいさつできる子」「感性豊かな子」「考える子」「集中力のある子」「わんぱくな子」…「なごみの家」は、子どもの創造性を育む家です。

快適な湿度を保つ

天然の木は伐採された後も呼吸を続けています。湿気が多くなれば水分を吸収し、乾燥すると内部の水分を空気中に放散します。これが木による調湿効果。湿度が快適に保たれると、カビやダニの発生を抑える効果もあります。
「なごみの家」は、木をふんだんに使っていると同時に、漆喰、珪藻土、珪藻土クロスなど調湿効果のある壁を採用。優れた調湿効果で、一年中、快適な湿度とキレイな空気を保ちます。「なごみの家」は、家族が健康に暮らしていける家です。

冷やっとしない 無垢の床

フローリングの床 ― 冬の朝「冷たいっ」と感じたことありませんか?
「なごみの家」の床は無垢材です。無垢の床は、やさしく柔らかい足触りで、冬でも冷やっとしませず、夏はサラッと気持ち良い!素足で歩きたくなる床です。「なごみの家」の床材は、樹齢 300 年の赤松、厚さは3cm‼含水率5%以下に乾燥させています。毎日、ご家族の体と接している「床」。木の香り、やさしい足触り、しっかりとした踏み心地・・・ほかでは味わえないこの感触をぜひ味わってください。

自然の造形美を堪能する

天然木の魅力は、香り、手触り、そして「美しさ」です。同じものは一つとしてない天然木の年輪や節は、まさに“自然が生み出した芸術作品”です。
色の違いや木目や節は、天然無垢材である証し。「なごみの家」は、柱も梁も床も、全てが芸術作品です。
あなたはどの柱が好きですか?芸術の秋・・・「なごみの家」で自然の造形美を堪能してください。