BLOG
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のアルミ特集では、アルミの凄さをご紹介しました。
9月15日投稿のアルミ特集、「『アルミ』ってスゴイんです!!」をまだご覧になってない方は、是非ご覧ください!!

『アルミ』ってスゴイんです!!👈こちらをクリック

今回は、たくさんあるアルミの特性の中から、「リサイクルしやすい」ということに注目👀してご紹介します!

循環型資源として注目されるアルミ

現代社会では多くの環境問題があり、様々なところで環境に配慮した取り組みが行われています。
その中でも、リサイクルや廃棄物削減は多くの企業で積極的に取り組まれています。
だから、「リサイクルしやすい」という特性があるアルミが、循環型資源として注目されているんです!

注目の理由はコレ!!

注目されている理由は、「リサイクルしやすい」ということにあります!!
それがどういうことかと言うと・・・
再生アルミは、バージン素材からアルミにする場合の3%のエネルギーですみ、残りの97%のエネルギーが削減できます。
非常にエコなんです🌎
また、省エネに大きく貢献できるアルミは、『リサイクルの王様』や『リサイクルの優等生』と呼ばれているんですよ💡
循環型資源であるアルミを使用すれば、廃棄物削減にも繋がります。

実は・・・
当社のアルミ瓦スーパーエコは、リサイクルアルミを使用しているんです。環境に優しい屋根材なんですよ😊

今年の循環型資源アルミのニュース📰

生活雑貨店の無印良品は、地球資源の循環化、廃棄物削減のための取り組みを進められており、2021年4月23日より、ドリンクの容器をペットボトルからアルミ缶へ変更されました。
アルミ缶は遮光でき、透過を抑えられるので、賞味期限が長くなってフードロス削減に繋がるそうです💡

アルミ缶になるだけで、イイことがいっぱいあるんですね!

こんなものもリサイクルされています!

アルミのリサイクルと言えば、多くの方が「アルミ缶のリサイクル」が一番に思い付くと思います。
アルミ缶はリサイクル率が高く、アルミ缶からアルミ缶へと水平リサイクルされています。

・水平リサイクルとは・・・使用済みのものを資源に戻し、その資源がまた同じものとして
生まれ変わるリサイクルです。

・リサイクル率・・・94.0%(そのうち、水平リサイクル率71.0%)
          ※データ元:アルミ缶リサイクル協会2020年度報告書

水平リサイクルとして珍しいものと言えば新幹線から新幹線へのリサイクルです♻

新幹線から新幹線へのリサイクルについては、2020年6月23日のブログでもご紹介しています。

新型新幹線「N700S」は、廃車新幹線のアルミ材を再使用!👈こちらをクリック

高速鉄道事業において、運転車両に水平リサイクル部材が実装されるのは「世界初」✨だったそうです。

リサイクルで様々なものに生まれ変わることができ、これからも幅広い分野で活躍していくであろうアルミに今後も注目ですね!

長くなりましたが、最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました❤


©  なごみのくに株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP