夏の暑さ対策はバッチリですか。

こんにちは。
日差しが強くなるほどに、室内の温度も上昇⤴ジワジワと汗ばむ季節となりました💦

夏の室内を暑くさせるのは「窓から入ってくる日差しと熱」だとご存知でしたか。
今回はそんな夏の暑さをシャットアウトさせる方法をいくつかご紹介します!

 

差しは窓の外でカット

夏場に室内に入ってくるの約70%はからといわれています。
いくら室内を冷房で冷やしても窓に直射日光が当たれば室内の温度はぐんぐん上昇⤴
夏の日差しは窓の外側でカットするのがポイントです🎵

光を適度に取り入れつつ、強い日差しをカットしてくれる外付けタイプのロールスクリーン
簡単に取り付けが可能です♪

高度が高い夏の太陽にはオー二ングひさしも有効です♪
夏場は強い日差しを遮り、冬はやわらかな日差しを取り込みます。

 

外の熱を入れない高断熱ガラス

一般的に普及している1枚ガラスと呼ばれる窓ガラスは、文字通りガラス1枚だけの構造。
断熱性が低いので、熱をどんどん部屋に入れてしまいます。

ガラスを2枚使った複層ガラスを選べば2枚ガラスの間にある空気層が
断熱効果を発揮!1枚ガラスの2倍、熱の流入を抑えます。

 

部屋の内側からの遮熱でさらに快適

窓の外や窓ガラスによる対策に加えて、カーテンロールスクリーンで窓の内側も
遮熱すれば、室内の快適さがグンと増します。

遮熱効果をもつ繊維を使用したカーテン。
太陽の熱を反射し、室内の温度上昇を抑えます。

いかがでしたか。
窓回りで上手に暑さをコントロールすればエアコン効率も上がり省エネにもつながりますね♪

これから本格的な暑さがやってくる前に、自宅の窓回りを見直してみませんか。